�L����ЃV���R���o�C�I

弊社では、無機物とバイオの界面制御を利用した技術開発を行っており、世界初のアスベスト蛍光検出法(H29年度内閣府産学官連携功労者表彰、 H28年度環境賞環境大臣賞受賞)や半導体基板上へのタンパク質固定化法(バイオセンサーなどへの応用)を提供しています。さらに、磁性ビーズ上に 様々なアフィニティーペプチドを提示することで、目的の物質を取り出す手法(MagRefineTM)を開発しています。例えば、近年注目のエクソソームを分離するキットを開発しています。





エクソソーム精製試薬キットを開発(2019年4月25日販売開始)
細胞外小胞・エクソソームを簡便かつ高効率に精製できる試薬キットを開発しました。エクソソーム内にはマイクロRNAなど様々な生体情報が含まれ、診断、治療への応用を目指して世界的に研究が進められています。 HMTバイオメディカル株式会社より発売中。 詳しくはこちら。

位相差/蛍光顕微鏡法が公定法になりました!
『アスベスト・モニタリング・マニュアル第4.1版』(環境省)において、解体現場での漏洩監視方法として採用されました。 電子顕微鏡によらず、アスベスト判定が可能なため検査時間とコストの縮減が可能です。(位相差/蛍光顕微鏡法について、詳しくはこちら

iPad蛍光顕微鏡を開発!大気サンプリングから検出まで最短20分
簡単に現場に持ち運んでアスベスト検査のできる、iPad蛍光顕微鏡を開発しました。サンプリング器材(ポンプ)と試薬キットがあれば、すぐに検査可能。左画面をクリックして、デモをご覧下さい。

新サービスを始めました。
1. アスベスターAIR、確定分析サービス
蛍光で見えた繊維の種類を電子顕微鏡で確定します。 詳しくはこちら。
2. その場で分る!アスベスト建材分析
建材一片からの非破壊・出張測定サービス。
詳しくはこちら。
3. シリコン表面への抗体固定化
・Si-tag-プロテインA
・Si-tag融合一本鎖抗体
詳しくはこちら。



2018年4月6日 5月22日(火)~25日(金)、 「New環境展2018」(会場:東京ビッグサイト)に出展します。
2017年8月20日 9月12日(火)、 位相差蛍光顕微鏡法の説明会(会場:キャンパスイノベーションセンター、JR田町駅そば)が開かれます。
2017年5月17日 5月23日(火)~26日(金)、 「New環境展2017」(会場:東京ビッグサイト)に出展します。
2016年6月2日 アスベスト蛍光検出法が、環境賞・環境大臣賞(国立環境研究所、日刊工業新聞社主催)に選ばれました。
2016年1月25日 iPad蛍光顕微鏡開発、日経新聞に掲載されました。
2015年10月7日 10月21日(水)~23日(金)、 第55回日本労働衛生工学会(函館)において、iPad蛍光顕微鏡の展示を行います。
2013年2月21日 2月27日(水)~28日(木)、 「東北/防災・減災ソリューションフェア」(会場:“夢メッセみやぎ”、仙台市)に出展します。
2012年10月31日 11月14日(水)~16日(金)、第52回日本労働衛生工学会(福岡) においてアスベスト検出キット“アスベスターAir”及び自動計測システムの展示を行います。
2012年9月26日 プレスリリース 「現場で簡便に利用できる高感度アスベスト計測技術の開発に成功」を発表。
2012年1月24日 3月2日(金)、第4回「蛍光顕微鏡法によるアスベスト計測」講習会(大阪)を開催いたします。 位相差顕微鏡と蛍光顕微鏡を組み合わせた方法の実演講習です。位相差顕微鏡で観察された繊維が石綿であるかどうかを 蛍光モードに切り替えて簡単に判定する方法です。
2011年12月16日 12月16日(金)、第3回「蛍光顕微鏡法によるアスベスト計測」講習会(福岡)を開催いたしました。 九州地区においても多数の環境測定事業者の方々にご参加を頂きました。ありがとうございました。
2011年11月08日 12月2日(金)、第2回「蛍光顕微鏡法によるアスベスト計測」講習会(東京)を開催いたします。 「環境省アスベストモニタリング・マニュアルと蛍光顕微鏡法の活用」について神山宣彦先生(東洋大学)による講演があります。
2010年6月11日 “アスベスト・モニタリング・マニュアル(第4.0版)”(環境省)に、 アスベスト蛍光検出法が掲載されました。
2010年3月26日 第14回ひろしまベンチャー助成金にて奨励賞金賞を受賞しました。

「過去のお知らせ」はこちら


ソリューション画像